ガウラ  サマーパピヨン


samaapapiyon
分  類宿根草
科目・属名アカバナ科ガウラ属
販売時期4月下旬~6月下旬
開花時期4~11月
草  丈30~70cm
耐寒性
耐暑性
楽しみ方鉢植え・花壇・コンテナ

特徴

生育・分枝旺盛で、暑さと寒さに強い、丈夫な宿根草です。
別名「白蝶草(ハクチョウソウ)」と呼ばれ、蝶に似た美しい花を楽しむことができます。
春から梅雨時期にかけて、多くの花をつけます。
真夏は花の上がりが一旦弱くなりますが、秋になると再び多くの花をつけ、霜が降りるまで楽しむことができます。
病害虫も少なく、自然にまとまった株に仕上がります。

ラインアップ

pinku

ピンク

howaito

ホワイト

pikotii

ピコティー

栽培のコツ

 土作り・植え付け・栽培環境

日当たりと水はけが良ければ多少やせた土壌でも良く育ちます。

 管理方法

株が混み合ってくると、株の中心部がムレて生育が悪くなります。
株がある程度育って開花のピークが過ぎたら(お盆前後、花数が減ってきたら)、一度刈り込みましょう。ムレの防止と秋の開花促進になります。

 水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

 肥料

液肥を1週間に1~2回与えてください。