Jガーデン野菜苗の放射能検査について - 家庭園芸|カネコ種苗株式会社

カネコ種苗㈱花き園芸部では、2012年3月よりJガーデン野菜苗の放射能検査を行っています。
(放射性セシウムに関する使用培土の抜取検査となります)

放射能検査150128OL

検査機器

機 種 NaI(Tl)シンチレーション検出器ガンマ線スペクトロメータ GDM-15
(スウェーデン ガンマデータ・インストゥルメント社製)
検出器サイズ Ø3×3インチ
校 正 校正用線源を用いて毎日エネルギー校正を行っています。
 

(写真左) 放射能濃度測定器 GDM-15
(写真中) 遮蔽シールドと検出器
(写真右) エネルギー校正用の密封線源とバックグラウンドデータ測定用試料

GDM-15は厚生労働省の定める「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」にも使用できる精度を備えた検査機器です。

機器の詳細
http://www.jemsci.co.jp/products/nai/
http://www.jemsci.co.jp/products/nai/gdm-15/ (新モデル)
 
「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000246ev.html
 

苗検査の方法

  1. 野菜苗の生産培土を生産現場から抜き取り、検査室に集めます。
  2. 土を混合して測定容器の中に押し詰めます。
  3. 検査機器にセットして測定を行います。
  4.  

  5. 検体を入れた容器を検出器にセットし、検体から検出される放射線(ガンマ線)を測定します。
  6. 検出された放射線量や試料重量などから放射能濃度(Bq/kg単位)を算出します。
 

検査について

Jガーデンでは、苗生産に使用する培養土は、全て農林水産省の定める培養土の基準値に適合したものを使用しています。
野菜苗・果樹苗等の食用植物苗に関しては、さらに培土の抜取検査を定期的に実施しています。

放射性セシウムを含む肥料・土壌改良資材・培土及び飼料の暫定許容値の設定について (農林水産省)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/soumu/saigai/supply.html