しいたけ品種  菌王2号(きんおうにごう)


特徴

菌王2号(F206)とは、旨味成分を集める能力の高い、美味しいたけ品種です。

しいたけのうまみ成分であるグア ニル酸とグルタミン酸の含有量が多い子実体(きのこ)を作ることができる品種です。
「味へのこだわり」をコンセプトに、原木しいたけの本来のおいしさをとことん追求し、研究開発された品種です。

各地で行った試食会でも、また、調理の専門家の皆様からも「美味しい」「懐かしい味」との高い評価をいただきました。
しいたけ菌王2号DSCF3755 菌王2号(F206)ロゴ ※菌王2号は商品名ではなく、商品に使用されているしいたけの菌の品種です。菌王2号が使われている商品を探すには、商品パッケージにある菌王2号のロゴマークが目印です。

販売時期

Q&A