ピーマン  ピリ辛ピーマン

   

特徴

大きさは普通のピーマン程度ですが、果肉は厚くピリッと辛い中国のピーマンです。
中華料理はもちろん、炒め物にもぴったり。
ほどよい辛さで食欲も向上し、夏バテ解消にもってこいの食材です。

科目・属名ナス科トウガラシ属
販売時期4月中旬~5月中旬
収穫時期7月以降

栽培のコツ

 土作り・植え付け・栽培環境

植え付けの10~14日前に苦土石灰とカルシウム入り肥料と堆肥を入れ、良く耕します。
ピーマンは浅く根を張る性質がありますので、堆肥を十分に施し、保水力のある肥沃な土作りを行います。
同じナス科の植物(じゃがいも、トマト、ナスなど)と連作しないように注意します。

植え付け時
植え付けの時期は、霜の降る恐れがなく、外気温18℃以上の4月中旬以降が適期です。
苗は大きくなるので、株間を60cm以上とり植えつけます(鉢植えの場合は8~10号鉢の中心に1本植え)。
地温保持や雑草防止のためマルチや敷きわらを使うと効果的です。

 管理方法

植え付け後、直ちに仮支柱を立てます。 40cm以上伸びたら、長さ70~80cmの本支柱を斜めに2本立て誘引します。

病害虫
病害虫が発生した場合は、お近くの販売店にお問い合わせの上、適切な農薬を使用するようにしてください。 そのまま使えるタイプのハンドスプレー式薬剤や野菜専用薬剤も市販されています。

水やり
特に梅雨明け後は十分に水やりしてください。 根元から畝間にわらを敷くと乾きを防ぐのに役立ちます。

仕立て方は、第1花のつくところで分かれる強い枝2本(3~4本でも可)を伸ばし、他の枝は取り除きます。 また、果実が混み合いぶつかるようでしたら、摘果します。

 肥料

野菜専用肥料または化成肥料を一握り、株の周りにまきます。7~8日たって根付いたら、野菜専用液肥を週1回与えるか、化成肥料や油粕の固形肥料を月に 1~2回根元に置きます。次々と実がついてきたら、7~10日に1回液体肥料を与えます。 尻腐れの要因として、カルシウム不足があります。カルシウム入り肥料を追肥として与えてください。

 収穫・楽しみ方