パプリカ  太陽のパプリカ

   

特徴

早生で豊産性のため、ビギナーでも簡単に沢山収穫できます。
果実の色がライムグリーン~オレンジ~レッドと変化します。
(色変わりするのに、約3週間くらいかかります。)
どの段階でも甘みがあり、そのままでも美味しく召し上がれます。
太陽のパプリカIMG_8267_補正_小 太陽のパプリカIMG_7980 太陽のパプリカIMG_7975

taiyounopapurika
科目・属名ナス科トウガラシ属
販売時期4月中旬~5月中旬
収穫時期7月以降

栽培のコツ

 土作り・植え付け・栽培環境

株間60cm以上(鉢の場合は10号以上のもの)を目安に植え付けます。

 管理方法

乾燥、肥料切れに敏感なので初期の水やりと元肥はしっかりと与えます。
整枝は1番花の下から出る強い枝2~3本を残して他を取り除き、倒伏防止に支柱で株を補強します。
生育中に枝が混み合ってきたら枝切りをして風通しを良くします。
果実が一箇所に複数着果したら形の良いものを残して摘果します。

 肥料

野菜専用肥料または化成肥料を一握り、株の周りにまきます。7~8日たって根付いたら、野菜専用液肥を週1回与えるか、化成肥料や油粕の固形肥料を月に 1~2回根元に置きます。次々と実がついてきたら、7~10日に1回液体肥料を与えます。 尻腐れの要因として、カルシウム不足があります。カルシウム入り肥料を追肥として与えてください。

 収穫・楽しみ方

7月以降にお好みの色になったら収穫します。
果実は緑色でも美味しく召し上がれます。

炒め物、肉詰めなどにして召し上がってください。
太陽のパプリカ_MG_9549