スターチスLIMONIUM HYBRID

苗:50穴セルトレー苗(50本保証)

ハイブリッド系

ムーンライトMoon Light PVP

早 晩 性中生
花   色濃青紫
花   径6.0~6.5mm
茎   質硬い
草   丈中高
生 産 性
耐 病 性
適   地暖地〜高寒冷地
特   長

【特長】
●花持ちの良さ、密に咲く大輪の花で、濃青紫色、硬く扱いやすい茎、バランスよい草姿で、市場人気の高い品種。 茎が硬く、高品質を確保しやすい。  また、小花の同時開花性が高いため、切り前が判別しやすい。
【栽培のポイント】
●切花品質、株の生育は土壌に起因するところが大きい。耕土が深く排水性のよい砂質土壌が好ましい。
●定植前に完熟堆肥等の良質な有機質を充分にすきこむ。
●定植間隔は坪10本程度(40×40cm程度)。
●既存のHBスターチスよりもやや多めの水を必要とするため、排水性のよい土壌で継続的な灌水を行う。定植後初期は特に充分に灌水を行う。
●定植後初期の株作り、根張りがその後の株の充実や切花品質に影響するため、初年度は株作りに注力する。
●採花前でも完全な水切り(灌水ストップ)は行わない。
●夏季の高温により穂先焼け(花穂の先端が枯死する障害)を起こすことがあるので、充分に換気を行い、ハウス内をできるだけ冷涼に保ち、土壌の極度な乾燥は避ける。
●病害虫に関しては、ウドンコ病、灰色カビ病、ヨトウ虫の発生に特に注意を払い、防除を徹底する。また抽たい中のスリップスによる被害は切花品質を落とす原因となるので注意する。
●ムレや病害の予防、スムーズな抽たい促進のため、枯死した葉や黄化葉は適宜除去する。
●据え置き株(越年栽培)の場合、一定期間低温に当てた方が切花品質や採花本数が向上するので、冬季はハウスの解放などを行い、低温に当てる(夜温5℃、40〜50日間程度が目安)。

品種登録 第13928号