野菜の種


■ TOP
   
■ 商品のご案内
 
■ 野菜の種
 
■ ウイルスフリー種苗
 
■ 飼料作物・芝草
 
■ 養液栽培
 
■ 温室・ハウス
 
■ 家庭園芸
|果菜類のコーナー|トマトキュウリナスカボチャオクラ

|葉菜類のコーナー|キャベツハクサイコマツナチンゲンサイホウレンソウ

|根菜類のコーナー|ダイコンカブニンジンゴボウ|ネギ|タマネギニラ


|豆類・西洋野菜のコーナーインゲンエダマメスイートコーンレタスパセリ
アスパラ



ネギ

群翠(KA−243)夏場所冬場所冬若SUKIYAKIぬくもりべにぞめ若香シリーズ

■ カネコ交配 群翠(KA−243)

. 耐病性に優れる、夏秋どり用黒柄系F1ネギ!

■特性

  • 7〜12月収穫に適した黒柄系F1ネギです。
  • やや長葉になりますが、草姿は立性で、葉折れや倒伏も少なく作業性の良い品種です。
  • 生育は旺盛で、葉鞘部分の伸びも良いので軟白部分が作りやすいです。
  • 襟締まりが良く、一本重もあるので収量性に優れます。
  • 高温期に発生する軟腐病、白絹病等の土壌病害に優れた耐病性があり、また茎葉病害にも強いです。
  • 一般的な黒柄品種より抽苔が遅く耐暑性があり、また高温期でも襟部の崩れが遅いので、夏ネギとしても最適です。
■群翠の作型
群翠の作型

■ カネコ交配 夏場所

夏場所の写真 夏秋どり用F1品種 秀品率、作業性アップ!

■特性

  • 7〜11月どりに適する"極黒柄"の夏秋どり用1本葱で、太りがよく、さらに揃い・上物率が高い品種です。
  • 襟の締まりがよく、短葉・立性なので、倒伏や葉折れが少ない品種です。
  • L率が高く、調整が楽なので、作業性に優れます。
  • 白根は光沢のある透き通った白さなので、葉色とのコントラストに優れ、荷姿がきれいです。
  • さび病や軟腐病に強い品種です。
  • 最も適する作型は、11月上旬まきの7〜8月どりと1月下旬〜2月上旬まきの夏秋どりです。
■栽培要点

  • 施肥量は、今までの一般的な品種より多めに施用します。
  • 定植本数は、メートルあたり35〜40本が最適ですが、さらに早く太らせるには30〜35本程度とします。
  • 堆肥や緑肥作物を投入し、土作りを励行して下さい。
■夏場所の作型
夏場所の作型

■ カネコ交配 冬場所

秋冬どり用のF1品種。高品質で収量性も高い

冬場所の写真 ■特性

  • 11〜2月上旬収穫用の合黒系F1ネギです。
  • 草姿は立性で襟締まりがよいので、葉折れや倒伏が少ない品種です。
  • 一般的な合黒系品種の中でも葉色が濃く、軟白部は光沢が強いのでコントラストが美しく荷姿が映えます。
  • 生育が旺盛で、さび病等の茎葉病害に強く、軟腐病の発生も少ないです。
  • 根量が多く耐湿性があり、根傷みによる肥料切れになりにくいです。
  • 白根の伸びが良いので軟白部が作りやすく、また締まりも良いので一本重量がのります。
■栽培要点

  • 冬期には生育がやや緩慢になるので、年内までに追肥で生育を促しておくことが良品生産のポイントです。定植後100日頃(1〜2回目の土寄せ時期)に肥料切れにならないようにしましょう。
  • 1本ネギ品種ですが、栽培条件により数%の分けつを生じる場合があります。しかし、そのほとんどは2本となるため植え付け密度は一本系に準じます。
■冬場所の作型
冬場所の作型

■カネコ育成冬若

冬若の写真 秀品率が高く、 分けつの少ない冬どりネギ

■特性

  • 12〜3月どりに適した合黒の冬どり用ネギです。
  • “西田”よりも葉色が濃くて襟の締まりが強く、耐寒性に優れます。
  • 冬季の襟の抜け上がりが少ないので、寒さによる傷みが少ない品種です。
  • 分けつ率は20%前後で、ほとんどが2本となりますからクズの発生率が低い多収性の品種です。
  • 抽苔は“西田”よりも7〜10日遅いため、収穫期の幅が広がります。
  • さび病、萎縮病、黒斑病などの耐病性や耐湿性は、これまでの“西田”と同程度です。
  • 適応作型は、3〜4月播きなどです。
■冬若の作型
冬若の作型

■カネコ育成SUKIYAKI直売所おすすめ品種..

. ひとあじ違う!美味しいネギの決定版!

■特性

  • 軟白部は繊維質が少なく、軟らかく、煮ても焼いても甘さが増し、非常に美味です。さらに葉も軟質なのでおいしく食べられます。
  • 「下仁田」ネギより軟白部の伸長性・肥大性・締まりが優れ、多収です。
  • 葉が短いので葉折れが少なく、作業性に優れます。
  • 休眠性は浅く、厳寒期でも葉の枯れ込みが少ないので、1〜2月出荷でも緑葉数が確保できます。
  • 適応作型は春の1〜4月まき、秋の9月下旬〜11月上旬まきです。
■SUKIYAKIの作型
ぬくもりの作型

■ カネコ育成 ぬくもり直売所おすすめ品種...

ぬくもりの写真 やわらかくてうまい!

■特性
  • 肉質が厚く繊維質が少ないので、やわらかく食味に優れます。
  • 軟白部の伸びと太りは「下仁田ネギ」より優れ、ボリュームがあって多収です。一般的な加賀系品種に比べエリの締まりは強く、シワの発生も少ないので「むきネギ」としても出荷できます。
  • 萎縮病、黒斑病などの茎葉病害には比較的強く、栽培が容易です。
  • 休眠性は浅く、寒い時期でも葉の枯れ込みが少ないので出荷期間を長くとれます。
  • 食味を特に重視する曲がりネギ産地でも好評を得ています。
■ぬくもりの作型
ぬくもりの作型


べにぞめの写真 ■ カネコ育成 べにぞめ直売所おすすめ品種

人目を引く美しい赤ネギ 甘みが強く、煮物にも最適

■特性
  • 11月〜3月どりに適した秋冬ネギで、葉鞘部の外皮が美しい濃赤色になります。
  • 分けつ性があり葉は細くて葉ネギの様ですが、土寄せして伸び、赤く発色した葉鞘部を利用します。
  • 葉鞘部の色は煮るとぬけるので、色を生かすためには薬味などの生食が適しますが、煮食でも独特の甘みがあり非常に美味です。
■べにぞめの作型
べにぞめの作型


若香シリーズの写真 ■若香シリーズ

カネコ育成 若香ゴールド

暑さに強く、極黒葉の夏どり専用小ネギ。


カネコ育成 夏どり若香

葉は濃緑で、高温下でもラッキョウ玉の発生が極めて少ない、夏まき専用の葉ネギ。


カネコ育成 冬どり若香

冬どり専用品種。香り高く、食味は最高。


カネコ育成 冬どり若香2号

周年栽培が可能 好評の若香シリーズにオールラウンドな品種登場!

■小葱の栽培作型と適応品種
小葱の作型

■葱の特性一覧表 ※分けつは、栽培の環境条件によって変わります。
品種名 収穫期(月) 葉色 首の締まり 分けつ(本) 肥大性 耐暑性 耐寒性 品質 備考
夏場所 7〜11 0 極強 揃い良く、上物率高いF1品種
群翠(KA-243) 7〜12 0 極良 極強 やや強 抽苔遅く、広い作型で栽培可能
冬場所 11〜2 合黒 0〜1 極強 耐病性の強い秋冬ネギF1品種
冬若 12〜3 合黒 0〜1 極強 耐寒性に優れ、分けつ極少率
ぬくもり 11〜2 合黒 0 極良 食味に優れる差別化商品
SUKIYAKI 11〜2 合黒 0 極良 極良 短葉で食味に優れる良食味品種
べにぞめ 10〜3 7〜15 極良 葉鞘部は濃紫紅色、休眠する

■他にも様々な野菜品種を取り揃えております。詳しくは、園芸ニュースをご覧ください。

商品のご案内