開発部紹介 - 養液栽培|カネコ種苗株式会社

 カネコ種苗(株)では、養液栽培を研究する独自の研究組織「開発部」を設立しています。開発部では、養液栽培システムとそれに伴う栽培技術や高機能制御装置、養液栽培用オリジナル種子を開発し、業界をリードしてきました。また、時代の要求に先駆け、環境に配慮した養液リサイクルシステムや植物残さ処理装置など、様々な商品を送り出してきました。新技術の開発に向けて、日夜努力しています。

それでは、トマトちゃんと一緒に開発部を探検してみましょう。
kaihatsu-tomato1 kaihatsu1
 開発部はバイオテクノロジーを研究する波志江研究所内にあります。また、2キロほど先には新品種作成を行う「くにさだ育種農場」があり、その立地条件を生かして各研究機関と連携を取りながら新たな技術開発に取り組んでいます。
kaihatsu2 kaihatsu3 kaihatsu4
kaihatsu-tomato2
kaihatsu5  次世代の農業を考え、環境に配慮した養液リサイクルシステムや、植物残さ処理装置、また、新しい栽培技術である「量的施肥制御法」の試験を行っています。 kaihatsu6
▲養液リサイクルシステム
 
▲植物残さ処理装置
kaihatsu-tomato3
kaihatsu7 kaihatsu-tomato4
kaihatsu-tomato5
kaihatsu-tomato6